一般社団法人 日本精神科評価尺度研究会

HAM-Dの評価シートは,この「STAR*D研究の臨床評価バッテリー」に収録されています

Windows XPのサポート終了に伴い,CD版の頒布は2014年3月31日をもって終了いたします。
4月1日以降は,PDF版のみの頒布となります。

「STAR*D研究の臨床評価バッテリー」(PDF)

「STAR*D研究の臨床評価バッテリー」盤面

「HAM-D/IDS-C 併用評価用構造化面接 日本語版 ver.1.0」,「SIGH-D (HAM-D/IDS-C 併用評価用構造化面接日本語版 ver.1.0 からの抽出版)」,「QIDS-SR (自己記入式簡易抑うつ症状尺度 日本語版ver.1.0)」を収録。

STAR*D研究の臨床評価バッテリーの内容

  1. HAM-D/IDS-C 併用評価用構造化面接 日本語版 ver.1.0
  2. SIGH-D (HAM-D/IDS-C 併用評価用構造化面接日本語版 ver.1.0 からの抽出版)
  3. QIDS-SR (自己記入式簡易抑うつ症状尺度 日本語版ver.1.0)
「HAM-D/IDS-C 併用評価用構造化面接 日本語版」シート サムネイル

画像をクリックすると大きな画像が見られます。

1) HAM-D/IDS-C 併用評価用構造化面接 日本語版 ver.1.0
Structured Interview Guide for Combined Rating of HAM-D (Hamilton Depression Rating Scale) and IDS-C (Inventory of Depressive Symptomatology - Clinician Rated) 〔SIG(HAMD&IDSC)〕, the Japanese version 1.0.

平成21年9月25日 初版第1刷 発行
[日本語版翻訳] 稲田俊也(財団法人神経研究所附属晴和病院 副院長),佐藤康一(帝京大学ちば総合医療センター メンタルヘルス科 講師),山本暢朋(財団法人神経研究所附属晴和病院 医師),瀧村剛(財団法人花園病院 医師),稲田貴子(神田外語大学国際コミュニケーション学科 専任講師)),稲垣中(慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科 准教授),中根允文(長崎大学名誉教授,出島診療所長)
[発行] 日本精神科評価尺度研究会
[原版]
HAM-D (1960) Max Hamilton
SIGH-D (1988) Janet B. W. Williams, D.S.W.
IDS-C (1996) Rush, A.J., Gullion, C.M., Basco, M.R., Jarrett, R.B. and Trivedi, M.H.
SIGH-D / IDS-C Combined Version (1999) Kenneth A. Kobak, Janet B.W. Williams, and A. John Rush
[日本語版]
HAM-D (1979) 長崎大学,北里大学,慶應大学
SIGH-D (2003) 中根允文
IDS-C (1996) 稲田俊也,佐藤康一,山本暢朋,瀧村剛,稲田貴子,稲垣中
SIGH-D / IDS-C併用版 (2009) 稲田俊也,佐藤康一,山本暢朋,瀧村剛,稲田貴子,稲垣中,中根允文

「SIGH-D (HAM-D/IDS-C 併用評価用構造化面接日本語版 ver.1.0 からの抽出版)」シート サムネイル

画像をクリックすると大きな画像が見られます。

2) SIGH-D (HAM-D/IDS-C 併用評価用構造化面接日本語版 ver.1.0 からの抽出版)
Structured Interview Guide for Hamilton Depression Rating Scale (SIGH-D), the extracted version from the Structured Interview Guide for Combined Rating of HAM-D (Hamilton Depression Rating Scale) and IDS-C (Inventory of Depressive Symptomatology - Clinician Rated), the Japanese version 1.0.

平成21年9月25日 初版第1刷 発行
[日本語版翻訳] 稲田俊也(財団法人神経研究所附属晴和病院 副院長),佐藤康一(帝京大学ちば総合医療センター メンタルヘルス科 講師),山本暢朋(財団法人神経研究所附属晴和病院 医師),瀧村剛(財団法人花園病院 医師),稲田貴子(神田外語大学国際コミュニケーション学科 専任講師)),稲垣中(慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科 准教授),中根允文(長崎大学名誉教授,出島診療所長)
[発行] 日本精神科評価尺度研究会
[原版]
HAM-D (1960) Max Hamilton
SIGH-D (1988) Janet B. W. Williams, D.S.W.
IDS-C (1996) Rush, A.J., Gullion, C.M., Basco, M.R., Jarrett, R.B. and Trivedi, M.H.
SIGH-D / IDS-C Combined Version (1999) Kenneth A. Kobak, Janet B.W. Williams, and A. John Rush
[日本語版]
HAM-D (1979) 長崎大学,北里大学,慶應大学
SIGH-D (2003) 中根允文
IDS-C (1996) 稲田俊也,佐藤康一,山本暢朋,瀧村剛,稲田貴子,稲垣中
SIGH-D / IDS-C併用版 (2009) 稲田俊也,佐藤康一,山本暢朋,瀧村剛,稲田貴子,稲垣中,中根允文

「QIDS-SR」シート サムネイル

画像をクリックすると大きな画像が見られます。

3) QIDS-SR (自己記入式簡易抑うつ症状尺度 日本語版ver.1.0)
Quick Inventory of Depressive Symptomatology, the Japanese version 1.0.

平成21年9月25日 初版第1刷 発行
[日本語版翻訳] 藤澤大介(慶應義塾大学医学部精神神経科),中川敦夫(慶應義塾大学医学部精神神経科),田島美幸(慶應義塾大学ストレスマネジメント室),佐渡充洋(慶應義塾大学医学部精神神経科),菊地俊暁(慶應義塾大学医学部精神神経科),射場麻帆(慈雲堂内科病院精神科),渡邉義信(慈雲堂内科病院精神科),山口洋介(国家公務員共済組合連合会 立川病院精神神経科),舳松克代(田園調布学園大学人間福祉学部),衛藤理砂(昭和大学医学部精神科),花岡素美(東京女子医科大学精神科),吉村公雄(慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室),大野裕(慶應義塾大学保健管理センター)
[発行] 日本精神科評価尺度研究会
[QIDS-SR]
原版 (2003) Rush AJ, Trivedi MH, Ibrahim HM, Carmody TJ, Arnow B, Klein DN, Markowitz JC, Ninan PT,Kornstein S, Manber R, Thase ME, Kocsis JH, Keller MB.
日本語版 (2008) 藤澤大介,中川敦夫,田島美幸,佐渡充洋,菊地俊暁,射場麻帆,渡邉義信,山口洋介,舳松克代,衛藤理砂,花岡素美,吉村公雄,大野裕

STAR*Dの参考文献

評価トレーニングシートの使い方

PDFファイルをカラーでプリントアウトして,トレーニングを行ってください。

PDFファイルでの頒布方法

パスワード付PDFファイルをファイル転送サーバ経由で送付します。

評価尺度シート内にファイルIDが印字されます。

お申し込み方法

(1) 申込書(PDFまたはWordファイル)をプリントアウトして,FAXまたはメールでお申し込みください(FAX番号,Eメールアドレスは申込書に記載してあります)。メールの場合は,Wordファイルに必要事項を記載し,ファイルを添付してください。

一般申込書:PDFファイルWordファイル ※全刊行物共通

※会員の方は「会員向け頒布について」のページをご覧ください。

会員向け頒布のご紹介会員向け頒布詳細・申込書(要ログイン)

PDFファイルを開くにはAdobe® Reader™ が必要です。お持ちでない場合は,Adobeのサイトよりダウンロードしてください(無料)。左バナーをクリックすると,ダウンロードページに行くことができます。

(2) 代金を当事務局口座(郵便振替)にお振り込みください(振込手数料はご負担ください)。
※2009年1月5日よりゆうちょ銀行以外の金融機関からも振り込みできるようになりました。

(3) 入金確認後2週間以内に,メールにてダウンロード用のURLとパスワードをお知らせします。
指定された期限内にアクセスし,ファイルをダウンロードしてください(パスワードの入力が必要です)。
(CDの場合は,入金確認後2週間以内に発送します。)

頒布価格

1部19,800円

※会員の方は「会員向け頒布のご紹介」のページをご覧ください。

お支払い方法

郵便振替にて,前払いでお願いいたします。